人の採用から退職に至るまで、分からないことがあった場合に、お気軽に相談していただき、解決を支援するサービスです。
※通常、よく「人事労務管理」と表現しますが、かなた社会保険労務士事務所では、「管理」という表現ではなく「相談」という表現にしております。
「管理」というと、なんとなく「ギチギチと従業員さんを押さえつける」イメージですが、あくまで、経営をしていくうえで、労働問題でお困りの際に
「ご相談」をしていただくサービスとなりますので、「人事労務相談」と表現しています。

現在、採用するにも、「正社員」、「非正規社員(契約社員等)」、「派遣社員」、「パートタイマー」等、雇用形態が様々です。
また、日本人だけではなく、外国籍労働者も増え、様々な考え方をもった労働者がいる中で、会社と労働者だけではなく、労働者同士のトラブルも起こることが多くあります。

労働者の権利を主張する方も増えており、採用から退職に至るまで様々なトラブルが発生する状況です。

このようなトラブルを未然に防ぐには、コンプライアンス(法令遵守)が大切であり、コンプライアンス研修やハラスメント防止研修を行うことも可能です。

ただし、起きてしまった労務問題については、迅速・正確に、かつ労働者の言い分も聞いたうえで対処をすることが重要なポイントとなりますので、すぐ当事務所へご連絡ください。

トラブル例:雇用契約、賃金、ハラスメント、有給について

【雇用契約について】

・事務職(内勤)と聞いて入社したのに、営業アシスタントとして同行まで求められている
・無期雇用の正社員の求人で採用されたのに、実際の雇用契約書では、期間の定めのある契約社員だった

【賃金について】

・月給35万だと聞いて、前の職場を辞めてまで入社したのに、40時間分の残業代込みで35万だったため、給与が前職より下がってしまった。
・給与は手取りで25万円ね、と言われていたのに、違っていたので文句を言ったら、社会保険料や所得税の関係で・・・と正しい計算をしてくれていなかったことが分かった。

【ハラスメントについて】

・パワハラとまでは判断されないような嫌がらせをしてくる(舌打ち等)
・ハラスメントについての相談窓口がない
・セクハラを受けたので相談をしたが、「あなたも思わせぶりなことをした(言った)んじゃないの?」と言われてしまった

【有給について】

・有給が何日残っているかを確認したら、「パートさんだから有給はないよ」と言われてしまった
・所属している部署では有給を取る人がほとんどいないため、他の部署みたいに有給が取れず不公平だと感じている

人事労務相談関連のお知らせ・ブログ

  • 働き方改革 ~昇給・賞与について~

    働き方改革グッドプラクティス支援事例集を見ていると、様々な取り組みがありました。 ちょっとしたことでも取り組むと、従業員の声として、「風通しがよくなったような気がする」との意見も。 気軽に取り組めるところから行っていきませんか?

    「続きを読む」

  • 70歳までの就業機会確保について

    2021年4月に「努力義務」とされた70歳までの就業機会確保について、みなさんどのぐらい進んでいるでしょうか? ココがネックで取り組めていない…などの場合もあるかと思いますので、お気軽にご相談ください。

    「続きを読む」

  • 運行管理者試験(貨物)合格しました!

    「ハラスメント防止コンサルタント」「メンタルヘルス・マネジメントⅠ種」「給与計算能力検定1級」「2級キャリアコンサルティング技能士」などの資格取得をしてきた私ですが、この度、運行管理者試験(貨物)も合格することが出来ました!

    「続きを読む」

  • 健康経営アドバイザー

    私は5年以上前から「健康経営アドバイザー」の認定を受けています。健康経営とは、従業員の健康を経営的視点から考え、戦略的に実施すること…つまり従業員へ投資をすることによりプラスの収益を実現しようとする積極的な経営手法なのです。

    「続きを読む」

  • 心理的安全性とハラスメント

    ハラスメントとかけ合わせて、「心理的安全性」について書いています。 心理的安全性が高まると、モチベーションが上がる!人材の定着率が高まる!などにも繋がりますので、ぜひご一読ください。

    「続きを読む」

  • ご相談の実例~それでも働きたい!~

    従業員が目に見えない病を抱えていたらどうしますか? 労働者さんの中には「それでも働きたい!」と思われる方もいらっしゃいます。 総合的にみて会社の生産性があがっていれば、障害者だからといって働けないわけではない、と考えます。

    「続きを読む」

 

 


 

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メール/Chatworkもご利用いただけます