労働保険手続き、社会保険手続きでは、労働基準監督署、ハローワーク、日本年金機構(年金事務所)、全国健康保険協会(協会けんぽ)などに対して、手続きする書類を作成・提出する必要があります。


また、年に一回労働保険の「年度更新」は労働基準監督署へ、社会保険の「算定基礎届」は日本年金機構(年金事務所)へ、それぞれ書類を作成・提出する必要があります。


上記のような手続きについては、書き方が分かりにくかったり、作成・提出漏れなども起こりうる業務で、のちのち会社や従業員さんが困る可能性もあります。


かなた社会保険労務士事務所では、このような労働保険手続き・社会保険手続きを事業主様に代わって作成・提出いたしますので、安心してお任せください。

労働保険

労働保険とは、「労災保険」と「雇用保険」を総称した呼び方になります。


【労災保険とは】
アルバイトやパート等であっても、従業員さんを1人でも雇えば、加入する必要があります。
従業員さんが業務中や通勤の途中にケガをした等の場合に、必要な給付を受けることが出来るものです。

【雇用保険とは】
入社した方が、週20時間以上、かつ、31日以上継続して雇用する見込みがある場合等の要件を満たせば、その従業員さんの雇用保険加入の手続きをしなければいけません。
また、従業員さんが会社を退職した時には、雇用保険喪失の手続きや離職票を発行する手続きも発生します。

それだけではなく、育児休業・介護休業を取得した時など、手続きをすることで従業員さんが給付を受け取ることが出来ます(一定の要件があります)。

社会保険

社会保険とは、「健康保険」と「厚生年金保険」を総称した呼び方になります。


法人であれば1人以上、個人事業主であれば従業員さんを5人以上雇用している場合は、加入しなければならない、と定められています。
法人で社長お一人でも役員報酬が発生していれば、加入しないといけません。


健康保険は、業務外の理由で負傷したり、病気にかかった時等に傷病手当金など手続・申請することにより従業員さんに手当金が支給されます。


厚生年金保険は、よく老後の年金のことだけだと思われがちですが、障害になって働けない時や、家族を残して亡くなった時に遺族に支給されるものもあり、大切な制度です。

 

労働保険・社会保険関係のお知らせ・ブログ

  • 労働保険料 口座振替のメリット

    労働保険の年度更新の書類が届く時期になってきました。 保険料、お近くの金融機関で納めることも出来ますが、口座振替にすると行く手間がなくなる以外にも、納付までの「ゆとり日数」が出るというメリットもあるんですよ~♪

    「続きを読む」

  • 労災の手続きとは?

    労災かくしは危険です!労災の手続きはきちんと最後までできていますか?病院や調剤薬局に提出する書類だけではダメです。手続きに漏れがある場合が多いので、どうぞお気軽にお問合せください。

    「続きを読む」

  • 会社が住所を変更したら?

    会社の住所変更の場合は、労働基準監督署、公共職業安定所(ハローワーク)、年金事務所(広域事務センター)などに手続きをし、登記簿謄本なども必要となります。

    「続きを読む」

  • 年金手帳の再交付は3月末までです!

    4月1日からは年金手帳は交付されずに「基礎年金番号通知書」が交付されることとなっております。 もしお手元に年金手帳がない方は、3月末までに再交付申請をされてみてはいかがでしょうか?

    「続きを読む」

  • 雇調金の不正受給対策強化

    雇用調整助成金の不正受給対策を強化することが発表されました。 不正の疑いのある事業所だけではなく、申請や支給決定を受けた事業主様のところにも、「事前予告なし」で立ち入り検査を実施するようです。 すぐに書類を出せるよう整理をしておかないといけませんね。

    「続きを読む」

  • 電話による無料相談会(福岡社労士会)

    福岡県糟屋郡須恵町のかなた社会保険労務士事務所です。 本日は、福岡県社会保険労務士会で「勤労感謝の日」11/23(火・祝日)に電話による臨時無料相談室を開設するご案内です。 社労士が労働問題…例えば職場のトラブル、働き方改革、育児休業、パワハラやセクハラなどのハラスメント全般、年金のご相談をお受けいたします。

    「続きを読む」

 

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メール/Chatworkもご利用いただけます