「代わりがいない」はOK?

福岡県糟屋郡須恵町の「かなた社会保険労務士事務所」幸福な社労士こと田中幸代です。

有給の年5日取得義務、あれってどうしてできたんでしょう?
それは、労働者側から取りづらかったから…ですよね。
私自身も今まで、有給ってほとんどの会社で取得していませんでしたし、取得しようとすると嫌な顔をされたり、
「それって田中さんが行かなきゃいけないの?」と言われたり←これ「個の侵害」というパワハラに該当することもありますので、要注意!

そこで今日は有給を申請してきた従業員がいた場合。
その日は他に「代わりの人がいない」から有給は却下(これを「時季変更権の行使」といいます)されてしまった。

仕方なく、その日は諦めて、また別の日にして有給を申請。
そしてまた同じく、「代わりがいないから」という理由でダメだと言われてしまった…。
そうなると、有給申請自体「やってもムダ」「どうせ貰えない」と思ってしまいますよね。
これが有給年5日取得の後押しになったという背景になっています。

会社としては「代わりがいない」から困るのも事実…なんですが、それは理由にならないんです

きちんと対応をすることで、お互いに気持ちよく有給を使えるといいですね。

かなた社会保険労務士事務所
代表 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
TEL 092-688-1476
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。