休職後の職場復帰について

福岡県糟屋郡須恵町の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、昨日、メンタルヘルス不調について書きましたが、例えばメンタルヘルス不調で休職をし、復職するケースも同じようにご相談が増えておりますので、お話したいと思います。

まず、職場復帰の判断基準について、です。

そもそもの前提としては、主治医から「復職可能」と記載した診断書が必要です。

そして、

・睡眠、生活リズムが整っていること

・通勤時間帯に一人で安全に通勤ができること

・決まった勤務日、時間に就労が継続して可能であること

・業務遂行に必要な作業が可能であること

・業務による疲労が翌日までに十分回復できる体力があること

などがあげられます。

と、言葉だけでは分かりにくいので、よく、「生活リズム表」をつけてもらったりします。

それを見て検討したり、産業医がいる企業さまは産業医から意見を貰うようになります。

そしてここも大きなポイントの一つですが、最終的に職場復帰の判断をするのは会社です。

休職している本人ではありません。

ご本人は、生活のためやその他もろもろの諸事情のために、まだ本当は本調子じゃないのに、

「復職したい」「復職できます」「以前と同じように働けます」

と言っている可能性もあります。

そこをきちんと判断しないと、また再発してしまう可能性が十分にあるため、企業さまにも十分な知識が必要です!

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。