パパとママ

福岡県糟屋郡須恵町の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

今日は私の子どものころのお話をちょっとお付き合いいただきたいと思います

興味ないよ~なんて言わないで~

私は幼稚園ぐらいの時に、周りの子が「パパがね~」「ママがね~」って言っているのを聞いて、正直羨ましく思っていました。

…というのも、田中家は「パパママ呼びNG 」だったんです。

なので、甘えて「ママ~」って話しかけても、振り向いてすらくれませんでした(笑)

幼心にあれは非常に寂しかったです。

なので、普段から「お父さん」「お母さん」でした。

でも、両親(多分、母だと思いますが)は両親なりの考え方があって、

「パパママ呼びが慣れると、癖が取れないから」

※大きくなってもパパママ呼びしてると、いい歳してるのに甘えてみっともないと世間から思われるから。

という理由だったそうです。

今思えば、そのように教育されてきて良かった、と思っています。

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。