治療と仕事の両立

福岡県糟屋郡須恵町の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

以前も少し触れた話題かと思いますが、このご時世、治療を受けながら仕事もする、という両立について、当たり前になってきているので、改めて書かせていただきます。

以前は、大病をしてしまうと、仕事との両立ができず、退職せざるを得ない=治療に専念する=回復したら再就職先を探す…ということが多かったと思います。

でも、今は「治療しながら働くこと」が当たり前になってきています。

ただ、

「病気のことを会社にうまく伝えられない」

「治療と仕事を両立できるか不安」

「今後の働き方について誰に相談したらいいのか分からない」

といった声があるのも現実です。

また、企業側としても

「本人の思いを受け止めて、治療しながら仕事はして欲しいけど、会社としてどこまで配慮すべきか?」

「会社として取り組むべきことはなにか?」

と悩まれることもあります。

そういった場合には、(福岡の場合ですが)

福岡産業保健総合支援センターの両立支援促進員までご相談ください(無料です)

TEL 092-414-5264

私も過去にガンにり患しましたが、その時のお仕事はやめずに続けることができました。

今後は私も「治療と仕事の両立」一経験者としてこのような支援ができるようになりたいと思っています。

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。