一を聞いて十を知る

福岡県糟屋郡須恵町の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、どのような仕事でも、最初は先輩に教わりながら、習得していくものだと思います。

マニュアルがあれば、それを見ることもできますが、それこそ以前は

「先輩がやっているのを目で見て盗んで真似をする」

という、「見て学べ」的なところも非常に大きかったです。

これが社内の教育的な問題であれば、きちんと指導をしてもらえたり、「見て学べ」の時代でもないですので、しっかりした研修があったりする企業さんもあるかと思います。

…が、例えば、お客様や得意先の会社さんとお話するお仕事の方はどうでしょうか?

Aさん「おたくのところの〇〇の製品が××で、△△なのよ~。それでね~」

と突然話が始まった時、サッとメモ取れますか?もしくは、きちんと脳内変換できますか?

出来るのであればOK

ですが、できないのであれば、いつでもメモの準備をしましょう!

同じく、株式会社ABCの担当者さん。

「こないだの商品、追加で〇月〇日までに△△店に□□個と、◇◇店に●●個頼むよ」

と言われた時も同様です。

まず、「こないだの商品」=きちんと覚えていますか?

いくつかの企業を担当されている場合、きちんと訪問前にその企業様との取引の履歴など確認していますか?

上記のような話があった後に、

「えっと~△△店に…何個でしたっけ?」

なんて話してないですよね?

一を聞いて十を知る、ではないですが、すぐにメモれる環境にする、そのように言われた時には、

「あ、でも◇◇店はその日に別のイベントじゃなかったでしたっけ?」

など一足先の提案ができると一気に仕事がデキる人になりますよね

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。