アンコンになってない?

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、タイトルの「アンコン」ってなんでしょう?

餡子(あんこ)じゃないですよ(笑)

アンコン=アンコンシャスバイアス(無意識の思い込みや偏見)なのだそうです。

最近はハラスメントも「〇〇ハラ」とよく略されますが…アンコンも略されるようになったんですね(笑)

前置きが長くなりましたが、本題です。

アンコンシャスバイアスって誰にでもあるんです。

例えば

①「家事全般は夫がやっています」と聞くと、すごい と思う。

②「親が単身赴任中です」と聞くと、父親だと思い浮かべる。

これってどうですか?

私はどちらも当てはまりました

でも、このアンコンシャスバイアスが悪いわけではなく、「自分なりに解釈をしてしまうことによって、相手を傷つけてしまったり、周りに影響を与えてしまっている可能性がある」ということが大事なポイントです!

上記の②でいうと、仮に母親が単身赴任をしていると聞いたら、

「お母さんが単身赴任してるの?お母さんいつもいなくて可哀そう…」

と口に出してしまうことで、その子供や母親が傷つく、ということです。

対処法としては、

決めつけない・押し付けない・普通はこうだという思い込みをなくすことです。

知らず知らずのうちに私も、アンコンで人を傷つけてしまわないよう、気を付けたいと思います。

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。