12のメンタル福祉サービス~⑪生活保護~

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

12のメンタル福祉サービスも今回を含め後2回。

本日は「生活保護」についてお話をいたします。

自分自身、うつ病などのメンタルヘルス不全になっており、働けない

でも、貯金などの財産もないし、親族からの援助も得られない、障害年金(⑦障害年金で取り上げました)も受けられないし…。

なんとか仕事を探しているものの、まだ働ける状態になるまでには時間がかかりそうだ…、という時。

世帯の総収入が、最低生活費に満たない人は、最後の最後の奥の手で、生活保護という手もあるでしょう。

税金からまかなわれているものですので、不正に支援を受けるのはNGですが、どうしてもの時の制度です。

ただし、上でお話したように「税金」からの支援なので、申請時には、銀行の預金や生命保険などの試算について調査されたり、高い住居に住んでいる場合はもっと安い住居を勧められる、などの条件はあります。

ちなみに、世帯単位で支給されますので、一緒に住んでいるどなたかが一定の収入以上あるのであれば、受けることが出来ないことには注意が必要です

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。