女性特有の悩みにもリモートワーク

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、今回は女性ならではのお悩みを女性であるからこそお話したいと思います。

女性は体調の波ってありますよね。

生理前にはイライラしたり、腹痛がしたり。

生理中は下腹部がすごく重くて痛くて、眠気もあり得ないほどきたり、衣類を汚さないか気を遣うし。

こういう形で女性って月の半分ぐらいは本調子じゃないことが多いです。(少なくとも私は )

本調子じゃない生理前のPMSの時期、生理中の痛みやトイレにすぐに行けないもどかしさを解消してくれるのも、リモートワークならでは!と私は思っております。

自宅ならいつでもトイレに行きやすいですし、衣類を汚してもすぐ着替えられる。

腹部の鈍痛には、毛布を巻いて暖め、更に暖かいお茶を飲んだり、我慢出来ない時は、鎮痛剤を飲んで少し横になることも気兼ねなく出来ます。

これは急激に女性ホルモンが減少する更年期のしんどさについても同じです。

更年期は男性・女性の性別関係なくありますので、結果的には女性メインの話になってしまいましたが、リモートワークって誰に対してもお勧めできる働き方だと思っています。

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。