裁判官の服について

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

今日はお仕事とは関係ない話なのですが、裁判官について私自身が少し興味をもった話をさせていただきます。

弁護士などのドラマで見たりするぐらいだった裁判官。

「死役所」というコミック(タイトル程、内容は怖くないです。むしろ、泣けるお話いっぱいあります! )で、裁判の傍聴に行く、という回がありまして、そこから私も一回は裁判傍聴をしてみたいと思うようになりました。

そこで裁判官にも興味を持ったのですが…裁判官は「法服」と呼ばれる真っ黒い上着を羽織っています。

その下には普通のスーツを着ているのだそうです。

ちなみに、法服が黒色である理由には諸説あるそうですが、公平な立場であるべきという観点から

「何者にも染まらない公正・中立性を表している」

という説が有力なのだそうです。

確かに「黒」は他の色に染めることは出来ませんもんね。

という豆知識でした

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。