同一労働・同一賃金の義務化 その他4月の法改正おさらい

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

早くも4月が終わりますね~

さて今日は社労士らしく、4月からの法改正のおさらいです

まだまだ対応出来てないよ~って事業主様、ぜひお声掛けください。

まずは…

①同一労働・同一賃金の義務化(中小企業)

②70歳までの就業機会の確保措置(努力義務)

が主な重要点だと思います。

①の同一労働・同一賃金は新聞やニュース、周りの方からも聞くことが多かったかと思います。

ざっくりというと、正規社員/非正規社員だから、といって合理的な理由がなく賃金に差をつけちゃダメですよ~ってことです

②は、「元気で働ける間は働いていたい」と考えている方が多いため、70歳までは働ける機会を設けてね(絶対ではないけど、そうするように努力してね)、ということです

いろいろと法律も日々変わっていきます。

そういった情報をなるべく分かりやすくお知らせしていきますので、よろしければ定期的にチェックしてくださると嬉しいです

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。