介護休業給付について

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、本日はざっくりと…ですが、重要な課題「介護」についてお話したいと思います。

高齢化社会になっていくとともに、医療は進歩し、幸いなことにご長寿の方も増えてきました。

元気で長生きが一番ですが、そうはいかない場合も…

お仕事しながら、介護をしたりすることもあるでしょうし、60代ぐらいの方が80代~90代のご両親世代を介護する、いわゆる「老々介護」も問題になってきています。

これはお仕事をしている方へ向けてお話するのが前提ではあるのですが、どうしても仕事と介護は両立が難しいです。

そういう時は無理せずに「介護休業」という制度を使ってみましょう。

入社して1年以上…などの要件はありますが、通算して93日の介護休業を取ることが出来ます。

そして、それまでのお給与の約67%程度が給付されます。

※4/20の傷病手当金の時に書いたのと同じ額です。

介護のために無給になってしまうと、生活も不安でしょうけれども、こういった制度をぜひ活用して(会社に相談して)ワークライフバランスが良い状態になることを社労士として願います。

(関連記事はこちら病気やケガでしごとに就けない時)

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。