病気やケガでしごとに就けない時

福岡県糟屋郡の「幸福な社労士」こと田中幸代です。

さて、人生いろいろ、病気やケガがないにこしたことはないですが、私は昔、喘息がひどかったのと、胃腸が弱いのと(今も )、子宮頸がん、子宮筋腫の手術などで、入院の経験が何度もあります。

そんな時には「傷病手当金(しょうびょうてあてきん)」の出番です

社会保険に加入していることが前提条件となりますが、

①業務外の病気、ケガで療養中(入院はしてなくてもOK)

②お医者さんが、今の状態ではお仕事は難しいよ、と判断してくれること

③療養のために4日以上(最初の3日間は連続で)休んでいること

④仕事を休むことにより、給与が受けられない

という①~④に該当した時に、この「傷病手当金」の支給申請をすることで、簡単に言うと、お給与の67%ぐらいが支給されますよ という制度です。

思わぬ病気やケガになってしまっても、こういう制度があると安心して療養に専念できますね。

でも、くれぐれもお体にはご自愛ください

特定社会保険労務士 田中 幸代(たなか さちよ)
〒811-2113 福岡県糟屋郡須恵町須恵720-2-105
対応エリア:福岡県糟屋郡須恵町、宇美町、志免町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町、福岡市博多区、福岡市東区、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市西区、福岡市城南区、福岡市早良区、大野城市、春日市、筑紫野市、太宰府市、福津市、宗像市、古賀市、など対応いたします。なお、オンライン等であれば、全国どこでも対応可能です。